レーシックイメージ

レーシックは遠視の治療もできます

私は3年ほど前にレーシックで近視と乱視の治療をしたことがありますが、当時説明を受けたクリニックでは遠視にも対応した治療を行っていました。
近視の状態というのは網膜の手前に焦点があってしまうことですが、遠視の場合にはそれとは反対に網膜の後ろ側で焦点があってしまう状態をいいあす。
どちらも目の屈折異常であることは変わりませんので、角膜にレーザーを照射して屈折矯正を行うことにより、治療を行うことができるのです。
こうした状況が軽い状態の場合には視力は悪くならないと言われていますが、40代を過ぎて調整能力が低下してしまいますと近くのものにもピントが合わなくなってきて、いわゆる老眼の症状に近いものになるそうです。
さらに調整力が下がれば近くも見えなくなり遠くのものも見えなくなるという状況に陥ることになるのです。
これは明らかに遠視矯正の対象となるそうです。
ただ、クリニックで聴いた話では、あまりに遠視が強くなりすぎると手術を受けられないこともあるそうで、フェイキックIOLといったコンタクトレンズの小さいものを角膜の下に挿入する手術で対応することもあるとのことでした。
いずれにしても最近では事前の検査機器のレベルは非常に高くなっていますので、事前検査を行うとレーシックでどれだけ視力が回復するかかなりこまかく分析することができます。
私の場合も2時間ちょっとかけた事前の検査を行うことによって手術後の回復視力予想がでて、実際に手術を行ってみたところ本当にその通りの数字まで回復することができました。
ですから遠視でレーシックを考える方も、とにかく一度クリニックで検査をしてみることをお勧めしたいと思います。
レーシックを受けられる対象についての記事も参考にご覧ください。
視力の回復は、実際に実現してみますと非常に日常生活に大きなインパクトを与えてくれますし、大げさに聞こえるかも知れませんが、人生をかなり大きく変える要素になると私は考えています。
実際この手術で視力が回復してからは、かなり生活が変わりましたし、様々なことにチャレンジできるようなったことも事実です。
そのぐらい影響を与えてくれるのが視力の回復なのです。
とにかくコンタクトや眼鏡をつかわない生活を取り戻すということはとてもすがすがしく健康的な時勢を取り戻すことにつながると感じるようになりました。
この喜びはできることなら多くの人に体感してもらいたいと思う次第ですから、あきらめることなく、医師に相談してみるのが本当にお勧めです。
気になるレーシック難民についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 めの治療.com All Rights Reserved.